実は悪影響?「しっとり」の質感を残すスキンケアが良いとは限らない

お肌のメンテナンス、特にその中でも「洗顔」はスキンケアの中でも非常に重要な部分です。

 

そして洗顔の時に大切だと感じられているのが肌の保湿を考えたしっとりとした洗顔です。
確かに人によってはこのしっとり感のある保湿を重視した洗顔が良いこともあります。

 

しかし、多くの場合にはこの「しっとり」とした洗顔よりも「さっぱり」とした洗顔のほうがお肌に良いということをご存知でしょうか?

 

元々世の中にはしっとりとした洗顔料などと言うものはありませんでした。
顔を洗った後は肌が突っ張る、というのが当たり前で、その後のスキンケアによってこの感覚を正常な状態に戻すと言うのが一般的だったのです。

 

しっとり感のある、洗顔後にメンテナンスが必要ないように感じる洗顔料、実はこれが、あなたのお肌のメンテナンスを怠らせる最大のお肌の敵かもしれないのです。

 

PR
はじめての生命保険比較 (生命保険を料金や補償内容で比較!はじめての生命保険選びをサポート!)